FAQ


質問の部分をクリックすると、回答を閲覧できます。

  • 出張撮影ってなんですか?

    出張撮影・出張ロケーション撮影とは、従来の写真館のようにお客様がスタジオへご来店されるのではなく、基本的には、フォトグラファーがお客様のもとへとお伺いする撮影・営業スタイルです。

    ある意味では、お客様のご希望する場所をフォトスタジオにしてしまいます。現在では必要に応じて、ポータブルの機材でライティングセットを組むことも可能です(あらかじめご相談ください)。

  • スタジオ撮影と何が違うの?

    「出張ロケーション撮影」は、皆様とそのときの景色をありのまま、誰ひとり欠けることなく、想い出の写真におさめるものです。

    天候はコントロールできませんが、より自然なかたちでそのときの景色や空気感、皆さんの表情、お気持ちを捉えることができます。どなたかが撮影係になる必要もないので、全員そろってお写真におさまっていただくことができます。

    さらに、お客様のご自宅、あるいは想い出の場所など、ロケーションを自由にお選びいただくことができます。

    スタジオ撮影、出張ロケーション撮影、どちらもメリット・デメリットがありますが、長い目で見たとき、大勢の方がよくおっしゃるのは「自然なスナップ写真」の方が懐かしくて、ご家族やご友人とのあいだで話が盛り上がる、そうです。

    スタジオ撮影のメリットは、天候に左右されにくい点です。人工的に光をつくりだすのでライティングの再現性が高く、いつでもキレイに撮れる側面があります(ロケーション撮影だと同じ時間、同じ光で撮ることがありえません、それはそれでまた魅力のひとつですが)。

    デメリットは、お客様がわざわざ出掛けなければならない点、背景のバリエーションが限られる点です。

    ご家族様のご要望、お求めに従って、それぞれ使い分けていただくのがベストです。

  • 撮影にはどんな種類がありますか?

    大きく分けると「結婚式の写真」「家族写真」「パーソナルフォト」に分かれます。

    • 結婚式の写真
      • 結婚式当日の撮影
      • ロケーションフォトウエディング(前撮り等)
      • エンゲージメントフォト
    • 家族写真
      • シネマティック家族写真(6時間〜)
      • ドラマティック家族写真(4時間〜)
      • ショートフィルム家族写真(2時間〜)
      • ベストショット家族写真(平日限定30分)
    • パーソナルフォト
      • 出張スタジオ・プロフィール写真撮影(基本2時間〜)
      • 出張ロケーション・プロフィール写真撮影(基本2時間〜)

    その他、企業様における広告宣伝用の撮影や取材撮影に関するご相談は、別途お問い合わせください。

  • 場所はどこでも撮れるの?

    基本的には、ご希望の場所で撮影させていただきます。ただし、入園料や入館料などが発生する場合は、お客様にご負担をいただいております。また、撮影禁止の場所や各種規定で制限されている場合、撮影をおこなうことはできません。

    あらかじめトラブルを回避するために、事前のお打ち合わせを設けさせていただきますので、そこで詳細をお伺いします。ご安心ください。

  • 出張料はどれぐらいかかるの?

    時期や交通手段によって変動します。基本的には、フォトグラファーの所在地から撮影地までの往復の交通費や諸経費(必要であれば宿泊代等)となります。

    車両で移動する場合は、高速代+ガソリン代(距離1kmあたり数十円の計算を予定)+所要時間に応じての諸経費を頂戴しております。フェリーなどの費用も別途必要な場合があります。詳しくはお問合せください。

    出張エリア税別価格
    滋賀県甲賀市・湖南市1,000円〜
    草津市・大津市・守山市・近江八幡市2,000円〜
    長浜市・彦根市・高島市3,000円〜
    名古屋市5,000円〜
    京都市5,000円〜
    四日市市・亀山市・伊賀市(三重県)4,000円〜
    大垣市・羽島市(岐阜県)5,000円〜
    大阪市・豊中市(大阪府)6,000円〜
    西宮市(兵庫県)6,000円〜
    東京都23区内15,000円〜
    宿泊/1泊あたり10,000円〜
    ・いずれも離島は除きます
    ・時期や交通手段等によって変動することがあります
    ・詳しくはお問合せください
  • 料金はどうやって支払いますか?

    原則として、撮影前までに指定口座まで銀行振込にてお願い致します。当日の現金払いやクレジットカード決済をご希望の場合、ご相談に応じることは可能です。

    なお、ウエディングの撮影など総額10万円以上の撮影は、前もって一部を前払い(内金、手付金)していただいております。

  • 修正や加工はしてくれますか?

    撮影では「自然で、ありのまま」を重視しているため、基本的に修正や加工は行いません。

    万が一、ご要望の場合は追加料金をご請求させていただくとともに、専門のレタッチャーにて作業を行います。その際、1枚ごとに作業料金がかかります。枚数によってはかなりのお時間を頂戴する場合があります。

  • 撮影してもらった写真は自由に使えますか?

    あくまでもプライベートなご利用(Facebookなどの個人的なSNS上、年賀ハガキ等を含めた私的な範囲でのご利用)につきましては、ご自由に使用していただいて構いませんが、商用での無断利用は固くお断りさせていただきます。

    また、ご自身の作品などとして公に発表されることも誤解を招く可能性があるため、お客様による写真コンテスト等へのご応募はお断りをさせて頂いております。

    なお、こちらで撮影したお写真を勝手に加工することは、厳密には著作権法(※著作者人格権)の侵害にあたります。特に、インターネット上で公開する場合など、くれぐれもご注意ください。

    うるさいことを言うようで煙たがられるかもしれませんが、フォトグラファーの著作者としての権利は近年、蔑ろや疎かにされる傾向が強く、少しでも多くの方々にご理解・ご協力をいただきたいと考え、上記を記載させていただいております。

  • 権利関係はどうなっていますか?

    まず、撮影した写真の著作権は、基本的に撮影者に属します。次に、写真の中の人物(=被写体)側の権利として、肖像権があります。

    ウエディング&家族写真のEN-LIGHTENMENTならびに家族写真家ハマノヒロユキは原則として、あらゆる撮影について著作権の譲渡はしておりません。一枚ごとの写真を作品として扱っているため、2次利用につきましても厳しい制限を設けております。

    次に、こちらのホームページ上、またはInstagramやFacebookページ、ブログでご紹介させていただいているお写真は、撮影をお申込頂いたお客様の同意を得て使用させていただいております。

    ただし、結婚式にご列席の方、たまたま映りこんでしまったなどの場合は、お申込を頂いたご本人様のご了承を前提に使用させていただいておりますので、万が一、支障がある場合は恐れ入りますが、個別でお問い合わせください。

  • 規約があれば教えてください

    ウエディング&家族写真のEN-LIGHTENMENT(以下、本サイト)の規約は以下にございます。

    規約

  • 写真が苦手なのだけど?

    日本では、写真に撮られるのが苦手という方は非常に多いですね。実は、私も写真に撮られるのは苦手なので、そういう方のお気持ちはよくわかるつもりです。

    ただ、そうはいってもお友達に撮られるのは緊張しなかったり、プリクラは平気、という方もいらっしゃいます。

    もしかすると、写真写りが気になったり、写真に写るのが苦手・嫌いというのは、ご自身に自信がなかったり、あるいは昔と比べて自分が魅力的ではない、という思い込みのせいではないでしょうか? フォトグラファーがホントに写真上手なの?みたいな猜疑心もあるかもしれません。

    EN-LIGHTENMENTの撮影では、事前のお打合せやカウンセリングを重視しています。ある程度のお時間を使って、お互いにコミュニケーションをとってから、あるいは撮影中もコミュニケーションをとりながら、撮影を進めていきますので、苦手な方も徐々にリラックスしていただけるようです。

    もし気になるようでしたら、時間の許す限り、カメラのモニターで小さいながらも写真をご確認いただくことは可能です。

  • いまどき iPhone で自撮りすれば良いのでは?

    近年、iPhoneやスマートフォンについているカメラの性能の向上は著しいものがあります。

    しかし、私たちプロのフォトグラファーが使用するデジタル一眼レフカメラやレンズの性能とは雲泥の差です。試しに、27インチの大型モニターや4Kテレビで画質を比較すれば一目瞭然です。

    また、自撮りには限界があります。自撮り棒を規制する場所も増えてきましたし、万が一の際に他の方々に迷惑をかけるなど、危険性は否めません。しっかりと皆さまをリードし、撮影されることに専念していただく環境をつくりながら、皆さまが納得いくまで撮影させていただきます。

    もちろん、iPhoneやその他スマートフォンでの撮影を否定するものではありません。家族写真家ハマノヒロユキは、全国のApple Storeでワークショップを開催した実績があります。また、メールマガジン等で撮影の豆知識をお伝えすることもありますよ。

    たとえば、iPhoneやスマートフォンのインカメラ(画面側についているカメラ)の注意点は、背面側のメインカメラよりも格段に性能が劣ります。

    iPhone 5sの場合、背面のメインカメラ(iSightカメラ)が800万画素に対して、インカメラ(FaceTime HDカメラ)は130万画素程度と1/6ぐらいのクオリティ、というような小ネタなどをご紹介させていただくことがあります。

    メルマガ登録
    eメール
    氏名
    郵便番号
    ご利用のカメラ デジタル中判カメラ
    デジタル一眼レフ
    ミラーレス一眼レフ
    コンパクトデジカメ
    スマートフォン
    フィルムカメラ
    その他



    powered byメール配信CGI acmailer
  • 結婚式当日の撮影で持込料がかかるのですが?

    結婚式当日の撮影は、近年では式場・会場側が提携外の業者を排除する傾向が強まっております。この点について、とやかく言うことはありません。

    ただし、一説によれば、これらは独占禁止法や消費者契約法に反する可能性も専門家のあいだから指摘されています。

    ご友人やご列席のひとりとして撮影することも可能ですが、制限を設けられる場合もあります。よくご担当者様とご相談いただくのが良いかと思います。

    身も蓋もありませんが、一番良いのは、そもそもお二人が外見などに惑わされず、結婚式場や披露宴会場を決める以前にお二人の本当の意味での結婚式・披露宴の目的に添った式場・会場を選ぶことです。また、必要とあらば契約する前にしっかりと交渉を行うことです。

    さらに、結婚式場を選ぶ以前の段階で、信頼できるフリーのウエディングプランナーや経験豊富なフォトグラファー、ヘアスタイリストなどのプロフェッショナルを探してアプローチを試み、相談していただくのが、一見遠回りにみえて、実はもっとも納得のいく道筋だと思います。

    なお、これまでに結婚式場の写真室のマネジメント経験や大手撮影会社での経験をもとにしたご相談には応じております。お気軽にご相談ください。

  • 撮影のみでいいから安くしてほしい

    ウエディング&家族写真のEN-LIGHTENMENTでは、すべての撮影プランにフォトプリントないしはフォトアルバムがついてきます。

    これは「あらゆる事故や災害から大切な想い出を守るために」という理念を実現するために譲れません。プリントやアルバムは要らないので安くしてほしい、というお客様におかれましては、もっと相応しいフォトグラファーや撮影サービスがあるかと思いますので、ほかをお探しください。

さらにご不明な点、より具体的に確認したい点がありましたら、お問い合わせください