独立創業以来「世界中のより多くのご家族に全員そろった家族写真を」「あらゆる災害や事故から大切な想い出を守るために」を掲げて日夜奮闘中、近江商人の家族写真家ハマノジョウスケです。

あらかじめ申し上げておきますが、今回の撮影は、営業撮影ではありません。純粋にサポーターとして、当日の想い出を残そうとドキュメント撮影を行ってみました。くれぐれも誤解なきよう、お願いいたします。

さて、2008年のピクシー監督就任以来、すっかり名古屋グランパス・サポーターに染まりきった私ですが、さすがに東北移住時にはまったく時間もお金も余裕がなく(今もありませんが…)、特に南三陸町ではテレビのない生活を送っていましたから、2012年8月、あの悪夢の20周年記念ユニフォームお披露目試合の惨敗を最後に(超絶毒づいた想い出が…)、試合観戦からは遠ざかっていました。

2013年、宮城県南三陸町・伊里前商店街にて撮影。

正直、私個人は2012年の独立以来、ほとんど自分のことで精一杯でグランパスを応援する余裕はほぼありませんでした。一応、南三陸町の伊里前商店街で当時の商店会・山内会長に、選手会の皆さんがサインを記してくれたフラッグを持ってもらって、パチリとお撮りして、さりげなく東北でグラサポアピールはしてましたがw

2015年秋に実家のある滋賀県に戻ってからも、みたび改めてゼロから新規顧客開拓をせざるを得ない状況に追い込まれ、かろうじて2016年5月に4年ぶりに豊田スタジアムで横浜Fマリノス戦を観戦し、小倉体制での数少ない勝利を目の当たりにするも(それ自体がレアな体験だった…)、結末は20周年記念試合の悪夢をさらに塗り替える真っ黒くろすけ倍増感満載のJ2降格。2016年の瑞穂での最終節はチケットが取れず、それでもなるべく現地で観ようと思い、滋賀から伏見のHUBに出かけて一言も発することなく帰宅し、今に至ります。

2017年にJ2降格してしまった我が名古屋グランパス。

しかし、当時の「無関心」こそ、我が愛する名古屋グランパスのJ2降格を招いてしまったのだ、と私はひとりで勝手に責任を感じ、2017年は開幕戦からAWAY松本山雅戦など、できる限りの範囲ですが、岐阜や岡山などのAWAY遠征にも出かけ、プレーオフもすべて現地で応援し(決勝戦は仕事を終えて駆け付けたので、最後の20分程度しか観られませんでしたが…)、結局10試合程度でしたが現地観戦し、天皇杯以外は負け知らずで、J1復帰の喜びをひとしおに感じることができました(2016年以来、スタジアムでのリーグ戦・プレーオフで11戦負けなし、正確には10勝1分という驚異的な勝率でしたw)。

そして、今年。リーグ開幕戦のAWAYガンバ戦、そしてホーム開幕戦のジュビロ磐田戦に勝利し(どっちも冷静に考えるとヒヤヒヤでしたが…)、ホーム川崎戦では惜敗しましたが(汗)、今年もスタジアム観戦がんばろ〜と思っていたわけですが…。

個人事業主の立場からは信じられないほどの予算をかけて、素晴らしい戦力を多数獲得したにも関わらず、前半戦のほとんどで勝ち点をまったく積み重ねられることができず、正直、私に限っていえば、サポーターにとって「地獄」の一言でした。現地で応援し続けた人には、ほんと、頭が下がります。。。

そして、2018/12/1 明治安田生命J1リーグ第34節。場所は、2年前と同じパロマ瑞穂スタジアム、対戦相手も同じ湘南ベルマーレ。負ければまたもやJ2降格を突きつけられる残留プレーオフ行き、引き分けなら他会場の結果次第での残留、勝てば文句なし、という状況で、最終節を迎えました。2年前の反省を活かし、ファンクラブゴールド会員の立場を有効利用してチケットは発売とほぼ同時に購入。チケット難民を免れました。ネット上では、新に実験導入した相場制のチケット価格システムの件でなかなか荒れてたみたいですが、私は正直、第二創業でそれどころではないので、知らぬ存ぜぬ。チケットは完売、そしてきっとゴール裏では観戦するのが難しいんだろうなあ…と思いきや。↑画面右端の若いご夫婦が親切に、ちょっとスペースを譲って下さいまして…。小さなお子様連れだったにも関わらず…。おかげでカメラバッグ(小型)を置いて観戦することができました。ありがとうございます!
おかげで、FE70-200mm F2.8GMのテスト撮影なんかも兼ねることができちゃったり。マジでヤバいですこのレンズ!後半、我らのジョーがPKを獲得。 ゴールの喜び、サポーター爆発!!
夕陽が沈むなか、ヒヤヒヤする展開が続きます。残念ながら、勝利は叶わず………。 試合終了後、他会場の結果にいちいちざわつく瑞穂ゴール裏。
どこからともなく、歓声や拍手が沸き起こり、歓喜がスタジアム中を輪のように広がっていきました。 確かに、盛り上がりました。

けど、私たちが目指すのは本来、この場所、この光景ではないはず………。

もっと大きな目標に向かって、2019年、良いシーズンになるよう、一緒に頑張りましょう。ハマノも世界の頂を目指して頑張ります!

Special Thanks to Kyouichiro&Yurika&Taiyo&NewBaby、そして瑞穂ゴール裏サポーターの皆さま。

そして、名古屋グランパスが一番苦しくて辛いとき、真っ先にチームキャプテンを引き受けて我々サポーターの心に勇気と希望を与えて下さった佐藤寿人選手に、心からの御礼と感謝を申し上げたいと思います。佐藤寿人選手、来季、ジェフ千葉でのご活躍を心からお祈り申し上げます。私たちが本当に辛くて苦しくて悲しくて絶望していたとき、勇気を持って遠く広島から大切なご家族とともに名古屋グランパスに飛び込んでくださって、本当にありがとうございます。このご恩は、一生忘れません。

この2年間、私たちサポーターにとっては、あなたこそが名古屋グランパスの真のヒーローでした。本当にありがとうございます。もし、寿人選手、これを読んでいたらぜひご一報ください。あなたには私から、特別な贈り物があります。。。

ちなみに、今回の撮影はすべて8Kディスプレイで等倍表示できる、素晴らしい、臨場感あふれる写真がたくさん仕上がりました。興味のある方は気軽にお問い合わせください♪(なお、写真を販売するわけではありません、あしからず)