「世界中のより多くのご家族に全員そろった家族写真を」「あらゆる事故や災害から大切な想い出を守るために」を掲げて日々営業、近江商人の家族写真家ハマノジョウスケ(現在、滋賀県在住)です。

ソニーと言えば、戦後の日本を代表する日本発のグローバル企業。本場アメリカにメジャーな映画会社を持っている日本企業は、ソニーだけです。1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル経済真っ盛りの頃、凄まじい批判を受けながらアメリカの象徴である映画会社を買収したニュースは、本当に印象的でした。

私は南三陸に移住して以来、ずっと戦後の焼け野原から日本の復興、再興を支えてきた偉大な創業経営者たちのことを毎日のように思い、考える日々を送っていました。

2011年夏、震災直後の南三陸町と仙台で約1ヶ月強暮らしてみて、そしてさらには2012年秋から約1年、実際に南三陸町で起業、暮らしてみた私は、被災された方々に失礼を承知で言いますと「終戦後の日本って、こんなところだったのかな…」という強い印象を抱かざるを得ませんでした。至るところに瓦礫の山。流されてしまったありとあらゆるもの。もっといえば、津波の引波で多くの土砂がかつての大地を埋め尽くしている箇所も多々。

数々の伝説的な創業経営者たちは、まさにこんな焼け野原から事業を立ち上げて、現在の日本を築き上げたんだ………と思うと、正直、複雑な気持ちになりました。すごい!という気持ちと、今の日本でそういうロマンって再現できるのかな、という不安。

こうした目の前の凄惨な光景を前に、創業間もない、たとえばソニーや松下電器、本田技研などのことを考えていると、絶望的な状況のなかにも何か、新しい時代の芽や兆しがきっと埋もれているに違いない、そう思えてきました。当時はすっかり忘れていましたが、大学の先輩にあたる安藤百福さんが創業された日清食品も、まさに戦後の焼け野原から誕生した日本発のグローバル企業のひとつですよね。

そんな貴重な歴史がたくさん詰まったソニー歴史資料館が、昨年2018年限りで閉館になるとのお知らせを受けて、2018/12/25、慌てて品川へと行ってきました。建物を入ってすぐ、創業者・井深大(いぶかまさる)さんの貴重なメッセージが。なんだか、いまの我々を勇気づけてくれるような、そんなメッセージに思わず、じーん、ときました。

そして、館内はといいますと、もう、とにかく驚きと懐かしさと感動と、そして、今だからこそ響く珠玉のメッセージの数々。思わず、涙腺がゆるみました。そんな素晴らしい歴史資料館が閉館だなんて!!

私は早々にソニーα7RIIIを取り出し、撮影を始めました。もちろん、受付のお姉様には確認し、許諾をいただいております。これを、4Kテレビや8Kテレビで等倍表示できるようにして、閉館までに見学が間に合わなかった人たち、特に子どもたちに観てもらいたい! そう思い、パシャパシャと記録撮影をすること約1時間。さらに先日、ソニー本社に電話をかけて「撮影させてもらった写真を公開しても良いですか? 一応、私の営利目的のサイト上のブログへの掲載になってしまうのですが…」と伺ったところ、広報担当の方からご快諾をいただきました。

そういうわけで!

無料で!

撮影データを!

配布させていただきます!

ぜひ、大型の4Kテレビや8Kテレビでご覧いただきたいです!
(ちなみに、私は自宅の55インチの4Kテレビですでに確認済みです)

一応、1枚ずつ明るさを補正して(デジタル現像とまでいうのはさすがに畏れ多いクオリティなので)、なおかつ16:9の比率にトリミングしてありますので、画面いっぱいにご覧いただくことができます!!

なお、閲覧の前に、以下のPDFを必ずよく読んで、同意のうえでご覧ください。以下のリンクやダウンロードを通じて写真をご覧いただいたと同時に、規約に同意したものと見做します。著作権侵害等については怖いことを書きましたが、悪いことをしなければ、観るだけであれば、何も問題はありません!!
http://en-lightenment.net/download/8KTVphoto_SonyMuseum.pdf

そして、こちらはとりいそぎご覧いただけるように、GoogleフォトにてフルHDサイズの写真データを掲載してみました。もちろん、上記に掲げた約束は必ず守ってくださいね。
https://photos.app.goo.gl/RgdZcc8KcfzdvPu97

そして、いよいよ、これが本題です。

ちまたで8Kテレビがとうとう発売されましたが、正直、コンテンツがほとんどないはずです!

そこで、最大8Kテレビで等倍表示できるサイズの、画像データを90枚、ZIPにまとめてご用意しました! ファイルが超重いので時間はかかるでしょうが、ダウンロードして、USBメモリやSDカードに入れて、8Kテレビや4Kテレビでぜひ、ご覧になってみてください。縦横比も16:9にしてあります。もちろん、フルHDテレビでも閲覧は可能ですが、古いテレビだと画像の読み込みに時間がかかって遅いと思います。もちろん、PCでご覧になるのもOKです。

http://en-lightenment.net/download/8Ktv_SonyHistoricalMuseum.zip

このZIPファイル、ファイルサイズが約1.91GBもあります。ちなみに、Nortonセキュリティでウイルスが存在しないことは確認済みですので、ご安心ください。

また、PC用の8Kモニターでの閲覧は残念ながらお薦めできません!(画質にいろいろと問題が発生していることをすでに把握しています)

繰り返しますが、ご案内したPDFに書いていることを守って下されば何の問題もありません! それよりも、大型4Kテレビや8Kテレビで、この希少なソニー歴史資料館の展示内容を目に焼き付けてもらいたいです。私たち日本人を勇気づける、熱いメッセージがたくさん詰まっています…。

最後に、創業者の井深さん、盛田さんの語録をご紹介して終わります。資料館でも井深さんや盛田さんのメッセージが流れていて、とても心に響きました。いずれも、一読の価値ありです。