加工修正ではない美肌処理、
フィニッシングタッチ・サービス」
その前に………

今回のモデルは、石巻市在住の和田ゆみこさん。
化粧品を取り扱われているだけあって、とてもお綺麗です!
実際、撮影後に何の加工も修正もしていません。
私からすると、充分じゃないか?という美しさ。


私たちの撮影では原則、加工や修正を行っておりません。

なぜか?

昨今、誰もが安易に修正加工できる風潮に逆行するようなサービス、と思われるかもしれません。それは仕方がないですね。

あるいは「プロなのだから、キレイに撮るのが当たり前でしょ?」と思われるかもしれません。それは、もちろん、です。

そもそも、プロのフォトグラファーはクライアントのご要望に沿って、被写体を美しく、あるいは魅力的に、狙いどおりに捉えるために存在しています。

一方で、私どもの撮影サービスでは、まず、お客様に、ありのままを受け容れ、ありのままの自分自身を愛する、 ということに、一度、チャレンジをしていただいています

ありのままの自分自身を受け容れるチャレンジ

写真を加工修正することは、はっきり申し上げて、とても簡単です。いまや、スマホアプリで誰でも簡単に美肌だの細身だの、何でもできるかのように思われがちな昨今…。

よく海外セレブの修正前・修正後がゴシップ紙などで取り上げられていますが、そうでなくても例えば、FacebookやInstagramを見てて、実際にお目にかかったら「・・・アレ?」っていうことは、たぶん誰しもあるのではないでしょうか? 30代ぐらいまでの世代だと、たぶん、学生時代にプリクラ詐欺とかあったと思うんですよね(笑)

そのことを私たちもよく、存じ上げておりますし、私たちプロ御用達のAdobe Photoshopを使用すれば、相当いろんなことを、いろんなかたちで、コントロール可能です。

しかし、加工修正が簡単だからといって「あれも気に入らない」「これも気に入らない」といって修正を重ねた結果、別人のようになった写真がお手元に残って、本当に、あなたは幸せになれるのでしょうか?

世界であなたを本当に愛することができるのは、あなた以外の誰でもありません。

誰かに愛されて幸せである、ということは、間違いなくありますが、それ以前にまず、ありのままの自分自身を受け容れて、愛すること、自分自身を赦すことこそ、幸せへの第一歩、秘訣だと私は思うのです。

あなた自身が、まず、あなた自身の、最大にして最高のパートナーになって頂けないでしょうか?

加工や修正で一生、幸せになることはできません

近江商人の教えに「お客様の為になるものを売れ」という格言があります。これは逆にいうと「お客様の為にならないものは、いくら儲けになるからといって安易に売ってはならない」という、短期的な利益を諫めるための教えでもあるのです。

巷にあふれている写真の「加工修正」とは、もしかしたら、お酒に酔っ払って一瞬気持ちがよくなる程度のことではないのでしょうか? その結果、ひどい二日酔いに悩まされたり、お酒の場であんなに盛り上がったのに、街ですれ違っても目も合わせないとか(笑)、直ちに忘れたい想い出が一件仕上がる等、よくある話です。

最悪なのは、結果、加工修正中毒になって、本当の自分を見失ったり、ありのままの自分自身を愛することができず、トドメとばかりにその場凌ぎの整形を繰り返すような人生です(あえてその道を往かれる人の自由なので、余計なお世話かもしれませんが)。その危険性やリスクについて、私たちは、非常に深く、憂慮しています。

私は個人的に、フォトグラファーになる以前から人間の発達心理など含めて、心理学を学んできました。その理論的な背景をベースに、人物撮影にとりくんでいます。その観点からいうと、安易な加工修正は、個人の自尊心を損ねる危険性があります。

何でもかんでも修正ありきの芸能人やタレント、モデル相手の商売ならともかく、家族写真や人物撮影のプロフェッショナルとしては、一般の方々を相手に、一歩間違えたら「麻薬」や「毒」になってしまうようなサービスを、そう易々と売るわけにはいかないのです。

ちょっとした修正加工ですら、ある意味では「その人自身を否定すること」に繋がりかねません。修正とは、逆説的にいうと「駄目だし」だからです。なので、私たちは、加工や修正をしないという観点から、実は、あえて非常に注意深く「接客」「撮影」をさせていただいています。

そもそも、人間は老いる生きもの
外見より、素敵な内面の向上こそが重要

すでに結婚された方でしたらおわかり頂けると思いますが、パートナーはあなたのちょっとした笑いジワも丸ごと受け容れて、ご結婚されたのではないでしょうか? 一緒に老いていく、という覚悟がなければ、結婚なんて到底できませんよね?(それ以前の、ナントカの勢いで結婚した方は、話は別です)

悲しいかな、人間は老いる生きものです。老いとは無関係に、太ったり、痩せたり。そのときのメンタルが大きく影響して、内面とともに外見まで著しく変わるのが人間だと思うのです。

それに、女性でしたら、出産や妊娠などでホルモンバランスが変わって、すっかり見違えることもありますよね。それらを否定すること自体、ナンセンスだと思うのです。

とはいえ、私も40台に突入してから、髪が薄くなった、太った等、悲しい現実に日々、打ちのめされています 笑

かくいう私でさえ、いまだに、せめて、30台半ばのプロフィール写真を使いたくなります 笑笑笑

でも、まず、小さなお子さんにしてみれば、大好きなお父さんやお母さんの二重あごとか、たぷたぷのお腹とか、別にどうでもいいと思うんです。そんなもの、特に、なにも気にしていないはずです(笑)

とはいえ、年齢が多少上がるに連れて、そういうところに目がつくようになって、それが原因で反抗期になったり、鏡映しの自分自身がイヤになって、ちょっぴり荒れることもあるかもしれません(笑)

だからこそ。

私は、老いても、髪が薄くなっても、しわが増えても、ちょっとぐらいお腹が出ても、それでもカッコいいし、素敵だ、と自他共に認められる、そんな生き方をする親御様を増やしたいんです。そんな親御様の「生き様」をひっくるめた家族写真をお撮りしたいのです。

お客様の為にならないものは、安易に売りません

繰り返しますが、お客様の本当の為になるものを私たちは提供したいのです。

私たちはまず、お客様を100%受け容れます。ご本人様がどのようにお考えかは知りませんが、外見にはまったく何の問題もありません。ただひたすら、どうすればより美しく、魅力的に映るか、カウンセリングやテストシューティングで探っていきます。

なので、お打ち合わせには相応の時間がかかります。私たちの撮影は、インスタントではなく、一件ずつ、すべてがオーダーメイドです。ご要望をお伺いし、本当に求められているものをご提案させていただきます。

撮影を重ねることで、より魅力的になります

そして、これは、びっくりされるかもしれませんが、「撮影される体験」を重ねることでフォトグラファーだけでなく、被写体であるお客様にも変化が訪れます。おそらく、ですが、撮影体験を通じて「見られる自分」に留意された結果、年齢を重ねて、撮影ごとさらに美しくなる、ということも起き得るのです。

だから、もし、私たちの撮影に万が一、失望されたとしても、諦めないでください。あるいは、よそのフォトグラファーとの素敵な出逢いもあるかもしれません。そのことを、私たちは否定しません。お客様にとって、素晴らしい想い出や、一生大切にしたいと思える写真が残ることがもっとも重要だからです。

それでも、どうしても! 今回だけは?!
フィニッシングタッチ・サービス

フィニッシングタッチ後のお写真です。
あくまでも自然なかたちでの仕上げを心掛けています。
Facebookのプロフィール写真としてご愛用頂いています。

もちろん、やむを得ない事情でケガだとかトラブル等、「これ、普段の私じゃないので…」というお気持ち、女心があることも、よく、わかります。なので、撮影後に「どうしても!!」「やむを得ず!!」美肌加工のご要望がありましたら「フィニッシングタッチ」というサービスをご提供します。

写真データ1枚につき 5,000円〜(税別)

にて承っております。お気軽に、ご相談くださいね。もちろん、難易度等によって価格は大きく変わります。

え? 高い?

・・・では、まず、そもそも撮影前に化粧品やヘアメイクを手配したり、あるいは、美容整形外科をお薦めしてご案内する術後の撮影プランになるのですが、そうしますと・・・(以下、ご自身で費用をお調べください。ネットスラングで言うところの、ggr以下略)


家族写真家ハマノジョウスケへのお問い合わせはこちらからどうぞ!
[contact-form-7 404 "Not Found"]