これまでに撮影させていただいたお客様のお幸せを
いまも想っています

今回ご紹介するお写真は、2011年、まだ私が独立する前に名古屋で撮影した一枚です。

これまでたくさんのお客様、ご家族様と関わらせていただき、連絡が途絶えてしまったお客様も多いですが、それでも、私はこれまでに撮影させていただいたお客様のことをいつも心に留めています。

「ご家族様の末永いお幸せをお祈りしています」

結婚式撮影の最後にはこのようにお声掛けをしてお別れするようにしてきました。

名古屋で。神戸で。京都で。大阪で。岡山で。宮城で。仙台で。山形で。岩手で。

超高級ホテルで。著名な結婚式場で。知る人ぞ知るレストランで。由緒ある神社や教会で。簡易結婚式場で。名も無き場所で。

おそらく、これまでに関わらせていただいたお客様は結婚式、家族写真あわせて千数百組に及ぶと思いますが、嘘偽りなく、私はご家族様の末永いお幸せを願っています。

冒頭のお二人でいえば、元気に過ごしておられるかな〜、などなど。

ご家族が増えたり、ご新居に移られたり、ステージが変わることで人間関係が変わったりすることもありますね。特に3月、4月はそんな季節です。

それでもどうか、憶えておいてください、私はこれまでに撮影させていただいたお客様全員のことを想っています。