// 特集 | 家族写真家・濱野丞助

特集・シーンから探す

想い出つくり隊、のこし隊、まもり隊

旬な撮影の「言い訳」をご提案

家族全員で記念写真を撮るには、理由が大事。
ネガティブな言い方をすれば「言い訳」が必要。
ポジティブな言い方をすれば「記念日づくり」。
大切なお子さまの人生の節目に。
あるいは、日本伝統の儀式にかこつけて。
たまにはご先祖様や先人達を思うことも大事。
家族写真を撮りたいな、と思ったそのときが
ベストなタイミングに違いありません。

新しいイノチ、お誕生おめでとう! 赤ちゃんの等身大フォトプラン“Mon Bebe”

ベストショット家族写真&赤ちゃんの等身大フォトは超絶賛オススメいたしております。想像してみてください、赤ちゃんが大きく成長してから、自分の産まれたときの姿を抱きかかえている様子を。兄弟姉妹や親御様が赤ちゃんを心から慈しんでいる様子を想い出に残すことができたら、その子はきっと愛されて生まれてきたことを疑う余地はないと思うのです。写真をクリックして詳細をご覧ください。

完全に100%、お二人とご家族のための結婚式撮影

結婚式場や提携撮影会社を通じた結婚式撮影には「営業手数料」という名のマージンが発生しています。比率は会場や契約によってまちまちですが、場合によっては半額以上が式場の丸々利益として計上されています。私の撮影サービスは決して安くはありませんが、式場への営業手数料が発生しませんので、100%、お客様の立場でご提案したり、独自のサービスを提供しています。

お宮詣りを口実に、家族が集まる

赤ちゃんが無事に生まれたら、お食い初めやお宮参りを口実に、全員で家族写真を撮りましょう。素晴らしい想い出をお子さまと一緒に重ねていってください。全員そろって家族写真を撮ることは、お子さまたちへの素直な愛情表現です。

ご家族の想い出は撮り直しできません。
必要なのは、家族の誰かのちょっとした勇気。