家族写真家ハマノジョウスケならびにEN-LIGHTENMENT – Wedding & Family Photographyでは、肖像権とパブリシティ権の取り扱いには最大限の配慮を致しております。

原則、当方のWebサービス、SNSアカウントにおいて、肖像権やパブリシティ権などを侵害するようなかたちでの写真の利用は致しません。

また、パブリシティ権の認められる方々に対しても、誠実なご対応が可能であると自負致しております。

なお、パブリシティ権とは「顧客誘引力の有無」によって認定されます。単に、有名人かどうか、芸能人かどうかで判断するものではありません。あるいは、SNSのフォロワー数も直接的には関係がない、というのが現時点での私の見解です。

「顧客『誘引力』」というのは、すなわち集客力で、しかも最終的には「成約数」という成果を伴います。

したがって、もし、パブリシティ権を主張される場合は、その両方において相応の結果を叩き出す、という覚悟をお持ちください。むしろ、成果目標をご提示ください。それが出来ないようなら、パブリシティ権の主張はあらかじめお止めになることをオススメいたします。

単に地域の有名人だから、とか、自称芸能人だからといって、ご自身にパブリシティ権があるなどとゆめゆめ勘違いなさらないよう、くれぐれも御注意ください。