10年後に喜ばれる粋な贈り物

「撮影」は究極のギフトです

時間とともに、すべての価値は変わります。
人間が手がけたほとんど多くのものは、価値が下がります。
けれど、想い出の価値は時間とともに増大していきます。
そのことを知るあなただけが、贈って喜ばれる粋な計らい。
それは「記念写真の撮影そのものをプレゼントする」こと。
一瞬の美しさを誇る花々をお贈りするのも良いですが、
想い出を永遠のかたちにすれば、ずっと長く喜ばれます。
いつの日か、最高のギフトだったとわかるでしょう。

復興を期する店主への心付けを

創業は明治42年という島津麹店(宮城県石巻市)さん。現代は五代目と六代目が先頭に立って家族経営をいとなんでおられます。震災からの復興を期して、糀をさらに世の中に広めていこうと新商品を開発。ホームページ等でご利用いただける商品撮影、スタッフの集合写真などを震災後にご縁のあった方からお贈り頂きました。

お店のリニューアルを記念して

かの有名なイチロー選手のご出身、愛知県西春日井郡豊山町で長年営まれている理髪店、ヘアモード・フーガさん。ご店主が思いきって改装リニューアルオープン。お客様がシャンプー台に移動するのではなく、シャンプー台がお客様のもとに移動するようにしたかった、ということで、半個室制のプライベートサロンの趣きが増しました。その記念に、スタッフの全員集合写真や外観撮影をお店のお客様がお贈りになりました。

花を贈るように、想い出の宝箱を贈る