// プリント&アルバム | 家族写真家・濱野丞助

想い出を守るためのアルバム

データのバックアップだけでは、不十分です

プリント=想い出を物理的に守る
Made in Japan

1990年代半ば以降、日本だけでなく、
世界中至るところで大災害が発生しています。
そして津波や洪水、停電などの災害で、
データは簡単に失われます。
スマホの大容量化がすごいとはいえ、
内部で写真は圧縮されています。
本当に大切な写真は、データという
情報空間でのバックアップはもちろん、
ともに、災害からの学びを生かして
プリントやアルバムという形で
物理的にバックアップしましょう。

写真家によるオリジナルプリント

L判、2L判、六切り、A4、A3、A3ノビといったサイズをプロフェッショナル仕様のインクジェットプリンタで出力します。顔料インクと呼ばれる耐水性の高いインクを使用したプリントで、プロの写真家やイラストレーター、デザイナーが自身の作品創作に使用しているレベルのプリンタです。サイズに関係なく、一枚ずつ、色にこだわって制作していますので、少々お時間を頂戴しております。

こだわりの耐水性、ラミネート加工

甚大な津波被害に遭われた南三陸町で創業しましたので、原則、耐水性の高いアルバムにこだわっています。EN-LIGHTENMENT Wedding & Family Photographyのアルバムは原則、全ページ・ラミネート加工ですので、小さなお子様が汚れた手で扱ってもメンテナンスしやすいのが特徴です。

スクエアタイプ、サイズはL/M/Sの3種類

すべてのアルバムはスクエアタイプを基本としています。とっておきのアルバムはLサイズで制作して、結婚式で親御様へプレゼントしたり、ご自身で持ち運ぶためのアルバムを同じデザインでSサイズにするといった工夫も可能です(それぞれ1冊目の扱いです)。同じサイズで同じアルバムの場合、大変リーズナブルになる2冊セットや3冊セットもご用意しております。なお、アルバムによってサイズのラインナップは異なります。

メモリアルアルバム

2面もしくは3面見開きタイプのメモリアルアルバム。見開きでフルフラットになる仕様です。赤ちゃんやキッズの等身大フォトもこちらで制作します。L/M/Sサイズに対応しています。半透明ケース付きです。

えほんアルバム

小さなお子様に喜ばれる、絵本タイプのフォトアルバムです。コンパクトでリビングにも気軽に収納しやすいつくりです。厚手の紙にラミネート加工で、小さなお子様がちょっぴり雑に扱うことを想定しています。もちろん、あくまでも紙製品ですので、大切に扱ってくださいね。Sサイズのみ、半透明ケース付きです。

シンプルアルバム

その名の通り、もっともシンプルでリーズナブルなタイプのフォトアルバムです。実際には「写真集」といった方が良いかもしれません。なお、見開きの際にフルフラットにはなりません。お値打ちに、たくさんのページ数でアルバムをつくる場合にはこちらをお薦めしています。M/Sサイズに対応しています。

スタンダードアルバム

アルバムを開くと完全にフルフラットになるタイプのアルバム。写真を大きく、迫力あるかたちで表現できるのが最大の魅力です。通常判は半透明ケース付ですが、DX/CX/EXタイプの3種類はそれぞれ異なる種類のケースが付いていて、高級感あふれる仕上がりとなります。L/M/Sサイズに対応しています。

あたたかいアルバム

ご覧のとおり、あたたかい感じのアルバム。手触りの良い人工スエード皮革とミルキーホワイトのコンビでエレガント。持っているだけでホッコリするような仕上がりです。コンパクトでご自宅のリビングにディスプレイするのもオシャレです。表紙・裏表紙の帯の色を12色からお選びいただくことができます。M/Sサイズに対応しています。

和のモダンアルバム

表面に金箔がキラキラと光る漆加工が施された、和の伝統的な美しさを表現できるアルバムです。上質で美しい和のテイストが満載、モダンなフォトアルバムです。日本ならではの美しさ、アイデンティティを表現できます。海外のゲストや訪日のお客様にも愉しんでご覧頂けることでしょう。Mサイズのみ対応しています。上質な墨色の化粧箱がついています。

アルバムやプリントはご自宅を彩るマストアイテム

家が狭い? モノが多い? だからといって本当に大切なことを見失わないでください。いずれ「紙」は高級材となり、ペーパーレスな時代が到来するでしょう。リーズナブルな価格でプリントが手に入るのは、今だけかもしれません。そして、大切な家族との想い出の写真こそ、自宅やリビングを彩るマストアイテム。手のひらサイズのコンパクトなフォトアルバム、書棚に大切に並べておきたくなるオシャレなフォトアルバム、あるいは写真家自らが精魂込めて制作した価値あるオリジナルプリントなど、愛する家族を想えば想うほど、あなたのお住まいはもっと素晴らしい空間になります。

2011年3月11日に発災した東日本大震災の津波被害で、多くの方々が「想い出の写真を失ったことが一番悔やまれる」と仰っています。その後も豪雨災害などで常にとりあげられるのは、大切な想い出の写真の数々。なのに、ご自宅の屋根裏部屋で埃を被っていたり、無造作に引き出しに入っていたり、あるいはスマートフォンやパソコンのメモリのなかに放ったらかしではないでしょうか? 想い出にも「整理整頓」が必要です。フォトアルバムをつくることは、想い出の整理整頓です。そして、心のなかもきっと整理されて、より前向きな人生を歩めることでしょう。