// 結婚の想い出をつくり、伝えたい | 家族写真家・濱野丞助

Wedding Photography

なにごとも、初心忘れるべからず

「愛ある結婚は冒険である」

ご結婚おめでとうございます。
そして、新しい家族の誕生にもおめでとうございます。
あなたは気づいていないかもしれませんが、
きっと、大勢の方々があなた方を祝福しています。

私、家族写真家ハマノジョウスケも、そんな一人です。

新たな家族をつくる。
勇気ある決断、素晴らしいことです。
知の巨人ジョゼフ・キャンベルいわく、
「愛ある結婚は冒険である」

お二人の新しい冒険への出発を
一緒にお祝いさせて下さいませんか?
どんな結婚式にしたいですか?
一緒に考えましょう。お手伝いします。
もちろん、記録係はまかせてください。

新しいチームの誕生と出発を祝って

私たちの地球に新しいチームの誕生です。向かう先は大海原? それとも大平原? 山の向こう? いえ、空や宇宙だってありえる時代ですね。目的地を決めるのは、クルーのあなた方。新たな家族のはじまりをぜひ、お祝いしましょう。フォトグラファーとして、だけではなく、結婚するお二人の心の支えにもなれたらいいなと思って、カウンセリングサービスを開始しました。写真をクリックしてみてください。

私服で二人だけの結婚式

欧米では「エンゲージメントフォト」と言って、直訳すれば「婚約写真」です。ウエディングドレスやタキシードにこだわる必要はありません。私服でも、なんでもいいのです。人生は一度っきり。カジュアルに、記念の想い出を記録する機会はもっと増えていいはずです。大切な想いは、きっと写真のなかに詰まっているはずですから。結婚後も、仮にお子さまが生まれても、ご夫婦のツーショット写真はできるだけ長く撮り続けてもらいたい、そんなふうに思っています。ご興味のある方は、お写真をクリックしてくださいね。

ロケーション・フォトウエディング

お二人の手でオリジナルプランをつくる場合は、ロケーション(撮影場所)の予約や申請手続き、衣装、小物、ヘアメイク、フォトグラファーを事前に手配し、コーディネイトする必要がありますが、責任をもってプロデュースします。お二人だけの想い出の場所、あるいは新しい想い出の場所をつくるのも良いですね。時間や空間の制限を取り払って考えると驚きのアイデアが出てくるかも? 美しい星空を背景に撮影することだって可能なのですから…。自由な分だけ、大変でもありますが、きっとその価値はあるはずです。興味のある方はお写真をクリックしてご覧ください。

結婚式当日の密着ドキュメント

誰しも、記憶喪失になっても忘れたくない想い出のひとつが結婚式ではないでしょうか? 大勢の方々に祝福されたこと、感謝のお気持ち、何もかもが天候とは無関係に、光り輝くような体験です。そんな美しい一日を、まごころ込めてお撮りします。お写真をクリックして、どんな撮影体験なのかをご覧ください。

結婚式を撮影させていただいたお客様へ、家族写真家からの贈り物

結婚式は新たな家族の誕生日。そんな大切な1日を撮影させていただいたこと、深く、心から感謝します。その後、いかがお過ごしでしょうか? 無事にお子様が誕生されていたらお祝いしたい。もちろん、夫婦円満であれば十分。「担当したお二人のその後を見届けたい」これはあくまで、私のワガママです。なので、結婚式を撮影させていただいたお二人には、もれなく家族写真撮影をプレゼントします。詳しくは、モノクロ写真をクリックしてください。

あなた方にふさわしい結婚式の形を探そう

結婚が決まったら、とりあえず結婚式場巡り?
その前に、もっとお二人で話し合ってほしいのです。
もし私のヘルプが必要なら、気軽にお問い合わせください。

結婚式場を決めたり、ドレスや髪型を選んだり、
二次会の幹事を誰にお願いするか考えたり。

それらも大切かもしれませんが、
それ以上に重要なのが「お二人のビジョン」です。

お二人はどんな家族をつくりたいのですか?
持ち家? それとも賃貸? 子どもは?
仕事で実現したいことは?
老後はどんな暮らしをしたいのか?
勢いで結婚するのもいいけど、少し考えてみる
余地はありそうです。
お二人にとって、どんな結婚式が良いのでしょう?
一緒に考えていきましょう。

ご自宅での、結婚式。
想い出の場所でロケーションフォトウエディング。
憧れのあの場所でロケーションフォトウエディング。
あるいはスタジオでキメキメのフォトウエディング。
思わず一目惚れしちゃった結婚式場での結婚式。
「ここなら間違いない」信頼できるホテルで結婚式。
ブライダルプロデュース会社の用意するフォーマットや
ウエディング業界の用意しているテンプレート以外にも、
あなたが思う以上にたくさんの選択肢があります。
もちろん、結婚式場やホテル、プロデュース会社の
提案する結婚式だって、その選択肢のひとつです。
一番あなた方にふさわしいものを選びましょう。
正解は誰かが決めるのではありません。
お二人それぞれが人生の主人公なのですから。