滋賀県甲賀市が新しい拠点です


伊吹山から望む琵琶湖と夕陽

きちんとしたご挨拶が遅れました。

2015年10月末をもちまして、一身上の都合により、東北は宮城県を離れることになり、滋賀県甲賀市へと移転いたしました。

理由につきましては家族の意向により明らかにしておりませんので、ここでは多くを語りませんが、介護ではありません。おつきあいのある方々には直接お目にかかった際にご説明させていただこうと思います。何卒、ご容赦のほどお願いいたします。

2012年9月末に南三陸へ移住して以来、約3年間、途中で仙台へと引っ越しましたが、東北で暮らすことは僕の人生設計にはまったく存在しないものでした。あの震災と大津波が起きるまでは。

移住してからは仕事やプライベートで東北の面白さやポテンシャルを毎日のように新しく発見し、すべてが面白く、これをなんとか多くの人々にお伝えしたい、また、住んでいる方々の家族写真や結婚式の大切な一日を、と思ってとりくんできました。目に見えて大きな形にすることはできませんでしたが、撮影のご依頼を頂戴した方々や応援してくださった方々、各種メディアで取り上げてくださった方々にはとても感謝しています。

ぼくは滋賀県で6歳から23歳までを過ごしましたが、大学時代は京都に通っていてアルバイトも京都でしたから、ほとんど、まともにその他の「滋賀県」を知らないまま過ごしてきました。就職してからはずっと名古屋で人間関係もほぼ完全に途切れましたから、今回の移転は不安が大きく、憂鬱な気分も味わいました。正直、震災後に南三陸へ移住したときの方が(当時としては不謹慎かもしれませんが)ワクワクしたものです。

写真は、伊吹山です。初めてのぼりました。ドライブウェイのかなり上のほうで琵琶湖の向こうに落ちていく美しい夕景を眺めながら、滋賀県にもなにか面白いところ、素敵なところがきっとあるはずだ、家族写真を必要としている人がきっとたくさんいるはずだ、だからここで頑張ろう、という勇気が湧いてきました。

ぼくの住んでいる場所がどこであれ、その場所でご縁をいただいた方の大切な家族の想い出をカタチにして残していく、守っていくという仕事は変わりません。今後とも、よろしくお願いいたします。

追記:加筆したものをこちらにアップしました。
「東北を去り、関西に戻ってきて、名古屋も随分と近くなった」

2015-12-10 | Posted in お知らせComments Closed 

関連記事